人情(読み)ニンジョウ

デジタル大辞泉の解説

にん‐じょう〔‐ジヤウ〕【人情】

人間の自然な心の動き。人間のありのままの情感。「やすきにつくは人情の常」
人としての情け。他人への思いやり。「人情の厚い人」「人情家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんじょう【人情】

人間が本来もっている人間らしい感情。特に、人に対する思いやりやいつくしみの心。 「義理と-のしがらみ」 「 -に厚い土地柄」 「 -の機微に触れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にん‐じょう ‥ジャウ【人情】

〘名〙 人間が本来持っている心の動き。また、人間が自然に備えている思いやりの心。また、男女間の情愛。情け。いつくしみ。
※続日本紀‐霊亀二年(716)五月己丑「方今人情稍薄、釈教陵遅、非独近江
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)大意「三笑亭可楽が落語(おとしばなし)を聞く。例の能弁よく人情(ニンシャウ)に通じて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人情の関連情報