コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情け ナサケ

デジタル大辞泉の解説

なさけ【情け】

人間味のある心。他人をいたわる心。人情。情愛。思いやり。「武士の情け」「浮き世の情け」→御情(おなさ)け
男女の情愛。恋情。また、情事。いろごと。「深情け」「薄情け
風情。おもむき。あじわい。
「落花啼鳥の―も心に浮かばぬ」〈漱石草枕
もののあわれを知る心。風雅を解する心。風流心。
「―ある人にて、かめに花をさせり」〈伊勢・一〇一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なさけ【情け】

他人に対する心づかい。哀れみや思いやりの感情。 「人の-にすがる」 「人の-が身にしみる」
男女の愛情。恋愛の情。恋心。 「深-」 「姫君様の-程我身の罪は重うなる/浄瑠璃・反魂香」
男女の情事。色事。 「 -を商売になさるる吾妻様/浄瑠璃・寿の門松」
人としての感情。 「人、木石にあらざれば、皆-あり/源氏 蜻蛉
風流の心。趣味を解する心。 「 -ある人にて、瓶かめに花をさせり/伊勢 101
風情ふぜい。おもむき。情緒。 「たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに-深し/徒然 137
義理。 「 -の兄の継信が行方を尋ね出るにぞ/浄瑠璃・門出八島」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

情けの関連キーワード情けは人のためならず旅は道連れ世は情け人を思うは身を思う仇を恩で報いる旅は情け人は心生き血を搾る拗ねはたばる哀憫・哀愍情けらしい情け知らずこそこそ宿情けを売る浮世の情け無げの情け情け無用寄り縋る宋襄の仁情け容赦情け顔御情け

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情けの関連情報