コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情け ナサケ

2件 の用語解説(情けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なさけ【情け】

人間味のある心。他人をいたわる心。人情。情愛。思いやり。「武士の情け」「浮き世の情け」→御情(おなさ)け
男女の情愛。恋情。また、情事。いろごと。「深情け」「薄情け
風情。おもむき。あじわい。
「落花啼鳥の―も心に浮かばぬ」〈漱石草枕
もののあわれを知る心。風雅を解する心。風流心。
「―ある人にて、かめに花をさせり」〈伊勢・一〇一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なさけ【情け】

他人に対する心づかい。哀れみや思いやりの感情。 「人の-にすがる」 「人の-が身にしみる」
男女の愛情。恋愛の情。恋心。 「深-」 「姫君様の-程我身の罪は重うなる/浄瑠璃・反魂香」
男女の情事。色事。 「 -を商売になさるる吾妻様/浄瑠璃・寿の門松」
人としての感情。 「人、木石にあらざれば、皆-あり/源氏 蜻蛉
風流の心。趣味を解する心。 「 -ある人にて、瓶かめに花をさせり/伊勢 101
風情ふぜい。おもむき。情緒。 「たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに-深し/徒然 137
義理。 「 -の兄の継信が行方を尋ね出るにぞ/浄瑠璃・門出八島」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情けの関連キーワード深心着心残心俗心賊心諦念天にも昇る心地人間味憂心欲心

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情けの関連情報