いり揉む(読み)イリモム

デジタル大辞泉の解説

いり‐も・む【いり×揉む】

[動マ四]
入り乱れて押し合う。また、天候などが荒れ狂う。
「終日(ひねもす)に―・みつる雷(かみ)の騒ぎに」〈・明石〉
ひたすらに祈る。
「ただ少しの便りを給はらんと―・みて申して」〈今昔・一六・三〇〉
思いつめて気をもむ。
「この人を妻(め)にせばやと―・み思ひければ」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いりもむ【いり揉む】

( 動四 )
いり乱れてぶつかり合う。風などが吹き荒れる。 「一日一夜-・みとよみあかすに/増鏡 月草の花
気をもむ。 「この人を妻にせばやと、-・み思ければ/宇治拾遺 3
しきりに拝む。 「仏を-・み奉る/栄花 鶴の林

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android