コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いり揉む イリモム

デジタル大辞泉の解説

いり‐も・む【いり×揉む】

[動マ四]
入り乱れて押し合う。また、天候などが荒れ狂う。
「終日(ひねもす)に―・みつる雷(かみ)の騒ぎに」〈・明石〉
ひたすらに祈る。
「ただ少しの便りを給はらんと―・みて申して」〈今昔・一六・三〇〉
思いつめて気をもむ。
「この人を妻(め)にせばやと―・み思ひければ」〈宇治拾遺・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いりもむ【いり揉む】

( 動四 )
いり乱れてぶつかり合う。風などが吹き荒れる。 「一日一夜-・みとよみあかすに/増鏡 月草の花
気をもむ。 「この人を妻にせばやと、-・み思ければ/宇治拾遺 3
しきりに拝む。 「仏を-・み奉る/栄花 鶴の林

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android