コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いり揉む イリモム

デジタル大辞泉の解説

いり‐も・む【いり×揉む】

[動マ四]
入り乱れて押し合う。また、天候などが荒れ狂う。
「終日(ひねもす)に―・みつる雷(かみ)の騒ぎに」〈・明石〉
ひたすらに祈る。
「ただ少しの便りを給はらんと―・みて申して」〈今昔・一六・三〇〉
思いつめて気をもむ。
「この人を妻(め)にせばやと―・み思ひければ」〈宇治拾遺・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いりもむ【いり揉む】

( 動四 )
いり乱れてぶつかり合う。風などが吹き荒れる。 「一日一夜-・みとよみあかすに/増鏡 月草の花
気をもむ。 「この人を妻にせばやと、-・み思ければ/宇治拾遺 3
しきりに拝む。 「仏を-・み奉る/栄花 鶴の林

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android