コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うそつき村

デジタル大辞泉プラスの解説

うそつき村

古典落語の演目のひとつ。大阪の「鉄砲勇助」というはなしを江戸に移したもの。前半が「野次郎」、後半が「うそつき村」になったと言われる。大阪では「うそ修業」とも題する。三代目三遊亭金馬が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、うそつき。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

うそつき村の関連キーワード落語の演題古典落語野次

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android