コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うろうろ舟 ウロウロブネ

デジタル大辞泉の解説

うろうろ‐ぶね【うろうろ舟】

江戸時代、両国船遊びのときなどに、遊山船の間を漕ぎまわって飲食物を売った小船。もと「売ろ舟」といったのを、うろうろとさまようのでこの名が生じたという。
「西瓜(すいくわ)玉蜀黍(たうもろこし)の―や、馬鹿囃子のさわぎ舟が出やうもしれねえ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

うろうろ舟の関連キーワード煮売り船馬鹿囃子

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android