コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鹿囃子 バカバヤシ

4件 の用語解説(馬鹿囃子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばか‐ばやし【馬鹿×囃子】

東京およびその周辺の祭礼で、山車(だし)などの上で奏する祭り囃子大太鼓締め太鼓鉦(かね)を用いるにぎやかな囃子で、多くおかめひょっとこなどの面をつけて踊る。屋台囃子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばかばやし【馬鹿囃子】

祭りばやしの一種で,おもに東京とその周辺の祭礼で演奏される。笛,締太鼓,大太鼓,鉦(かね)で陽気に囃す。〈おかめ〉や〈ひょっとこ〉の馬鹿面(道化面)をつけてにぎやかに踊る馬鹿踊の伴奏に用いられることからの名称という。また江戸時代に江戸葛飾の神主能勢環が,現在の葛西(かさい)囃子の基になる和歌囃子を作り,それがなまっての名称とも伝える。【織田 紘二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばかばやし【馬鹿囃子】

東京およびその近郊の祭り囃子の一。笛・太鼓・摺鉦すりがねを用い、おかめやひょっとこなどの踊りを伴うこともある。葛西かさい囃子・神田囃子などがある。屋台囃子。 「あれで-には八通り囃かたがあるんださうだ/三四郎 漱石」 〔わかばやし(若囃子)の転化したもの。騒々しいので、この名がついたという〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬鹿囃子
ばかばやし

江戸または江戸系の祭礼囃子の別称。江戸里神楽(かぐら)の馬鹿面(ばかめん)ともよばれる、だるま、ひょっとこ、おかめなどのモドキの道化面をかぶって踊る踊りがつくのでこうよばれるようになった。練行に伴って山車(だし)の上で演奏され踊られる。大太鼓1、締太鼓2、笛1、手平鉦(てびらがね)一の編成で、多くの曲目があるが、普通は「打込み」「屋台」「昇殿」「鎌倉」「四(し)(仕)丁目(ちょうめ)」「屋台」(切(きり))の順で演奏する。享保(きょうほう)(1716~36)の初めころ生まれた葛西(かさい)囃子をもととする。初め若囃子、和歌囃子などと称したといい、それが馬鹿囃子と転訛(てんか)したともいう。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の馬鹿囃子の言及

【葛西囃子】より

…東京都葛飾区に伝承されている祭囃子。別名〈若囃子〉〈和歌囃子〉〈馬鹿囃子〉。江戸川区にもこの分流が伝えられている。…

※「馬鹿囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬鹿囃子の関連キーワード飾り囃子京浜素囃子狸囃子祭り囃子若囃子死の周辺栗林次兵衛栗林義信小林謙貞

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone