コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬鹿囃子 バカバヤシ

世界大百科事典 第2版の解説

ばかばやし【馬鹿囃子】

祭りばやしの一種で,おもに東京とその周辺の祭礼で演奏される。笛,締太鼓,大太鼓,鉦(かね)で陽気に囃す。〈おかめ〉や〈ひょっとこ〉の馬鹿面(道化面)をつけてにぎやかに踊る馬鹿踊の伴奏に用いられることからの称という。また江戸時代に江戸葛飾の神主能勢環が,現在の葛西(かさい)囃子の基になる和歌囃子を作り,それがなまっての名称とも伝える。【織田 紘二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばかばやし【馬鹿囃子】

東京およびその近郊の祭り囃子の一。笛・太鼓・摺鉦すりがねを用い、おかめやひょっとこなどの踊りを伴うこともある。葛西かさい囃子・神田囃子などがある。屋台囃子。 「あれで-には八通り囃かたがあるんださうだ/三四郎 漱石」 〔わかばやし(若囃子)の転化したもの。騒々しいので、この名がついたという〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬鹿囃子
ばかばやし

江戸または江戸系の祭礼囃子の別称。江戸里神楽(かぐら)の馬鹿面(ばかめん)ともよばれる、だるま、ひょっとこ、おかめなどのモドキの道化面をかぶって踊る踊りがつくのでこうよばれるようになった。練行に伴って山車(だし)の上で演奏され踊られる。大太鼓1、締太鼓2、笛1、手平鉦(てびらがね)一の編成で、多くの曲目があるが、普通は「打込み」「屋台」「昇殿」「鎌倉」「四(し)(仕)丁目(ちょうめ)」「屋台」(切(きり))の順で演奏する。享保(きょうほう)(1716~36)の初めころ生まれた葛西(かさい)囃子をもととする。初め若囃子、和歌囃子などと称したといい、それが馬鹿囃子と転訛(てんか)したともいう。[西角井正大]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の馬鹿囃子の言及

【葛西囃子】より

…東京都葛飾区に伝承されている祭囃子。別名〈若囃子〉〈和歌囃子〉〈馬鹿囃子〉。江戸川区にもこの分流が伝えられている。…

※「馬鹿囃子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

馬鹿囃子の関連キーワードすっとこどっこいうろうろ舟馬鹿踊り七不思議祭囃子若囃子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android