おこわ

デジタル大辞泉プラスの解説

おこわ

古典落語の演目のひとつ。「子別れ」を三段にわけた最初の部分。「こわめしの女郎買」とも。

おこわ

古典落語の演目のひとつ。「居残り佐平次」の別題。「おこわ」は、室町時代には恐ろしいというから醜い女を指したが、江戸時代にはつつもたせの意からだますことを指すようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のおこわの言及

【強飯】より

…今のように水を加えて煮た飯はやわらかいために姫飯(ひめいい),堅粥(かたがゆ)などと呼ばれた。姫飯が日常食として普及するにともなって〈こわいい〉,略して〈おこわ〉,さらに〈こわめし〉というようになり,多くもち米を用いて物日(ものび)に食するようになった。祝事にはアズキを加えて赤飯とし,不祝儀には白ダイズを加えるか,もち米だけの白蒸(しらむ)しを用いた。…

【赤飯】より

…もち米にアズキやササゲを加えてつくる強飯(こわめし)の一種で,一般に〈おこわ〉ともいう。鎌倉末期の成立とされる《厨事類記(ちゆうじるいき)》によると,宮中では3月3日,5月5日,9月9日の節供の御膳に赤御飯,赤飯を進めるのが恒例になっていた。…

※「おこわ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おこわの関連情報