お守り(読み)おまもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お守り
おまもり

護符霊符守札,守護札などともいう。神名,仏,菩薩諸天鬼神の像,あるいは種子 (しゅうじ) ,真言などを書いた札符で,これを持つものは神仏などに守護されるとしてこの名がある。種類は祈願の目的によって種々あり,火難除,盗難除,厄病除,安産の守りなどがある。所持する方法も種々あって,肌身離さず持つもの,腹中に飲み込むもの,室内に安置するもの,戸や柱に張付けるものなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お守りの関連情報