コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守り札 マモリフダ

デジタル大辞泉の解説

まもり‐ふだ【守り札】

神仏の力によって人を災難や病気から守るという社寺から受けて、身につけたり家にはったりする。護符。おまもり。おふだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まもりふだ【守り札】

神仏の霊がこもり人を加護する札。社寺から請い受けて身につけたり戸口に張ったりする。お守り。札守り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守り札の関連キーワード札箱・札筥マスコット守り・護り護符・御符古札納め祇園守り胸の守りいつもじ除けの歌牛王宝印起請文腰巾着雷除け虫除け天中節腕守り御守り掛守り肌守りお守り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android