コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お浜 おはま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お浜 おはま

?-? 江戸時代前期のキリシタン。
出羽(でわ)久保田藩(秋田県)初代藩主佐竹義宣(よしのぶ)の側室幕府の禁教政策がすすむなかでキリスト教を信仰する。藩主の怒りをかい追放されたのを機に洗礼をうけ,のち信者と結婚して幸福な生涯をおくったといわれる。通称は小野局。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

お浜の関連キーワード大菩薩峠(中里介山の小説)新皿屋舗月雨暈桃中軒雲右衛門鹿島(福島県)キリシタン海原 お浜海原お浜海原小浜白間津祭流れる鵜原北浜勢利出羽痛心

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お浜の関連情報