コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋田県 あきた

3件 の用語解説(秋田県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県
あきた

面積 1万1636.25km2。人口 108万5997(2010)。年降水量 1686.2 mm (秋田市) 。年平均気温 11.7 ℃ (秋田市) 。県庁所在地 秋田市。県木 アキタスギ(→スギ)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきた‐けん【秋田県】

秋田

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕秋田〈県〉(あきた〈けん〉)


東北地方中部、日本海側に位置する県。
北は青森県、東は岩手県、南は山形県・宮城県に接する。平野部は秋田米の水田単作地帯となり、日本有数の生産量を誇る。林業が盛んで秋田スギの産地。日本海側は、秋田市を中心に工業が発達する。人口108万6018。面積1万1636.28km2。人口密度93.33人/km2。管轄市町村は13市9町3村。県庁所在地は秋田市。県花はフキノトウ
歴史を見ると、旧石器時代の遺跡は少ないが、米ヶ森(よねがもり)遺跡(大仙(だいせん)市)などが発掘されている。縄文時代の遺跡は、伊勢堂岱(いせどうたい)遺跡(北秋田市)・大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)(鹿角(かづの)市)など県内各地に分布している。712年(和銅(わどう)5)に出羽(でわ)国がおかれ、出羽柵(でわのさく)を最上(もがみ)川下流域から秋田村高清水岡(たかしみずのおか)(現秋田市)に移し、760年(天平宝字(てんぴょうほうじ)4)に秋田城とした。平安時代は平泉(ひらいずみ)の奥州藤原(おうしゅうふじわら)氏が台頭、その支配下に入る。源頼朝(みなもとのよりとも)の奥州征伐による藤原氏滅亡後は、鎌倉幕府が統治。室町時代から豊臣秀吉(とよとみひでよし)の覇権確立までは豪族の抗争が相次いだ。江戸時代に入ると、1602年(慶長(けいちょう)7)に常陸(ひたち)国(茨城県)の佐竹(さたけ)氏が久保田(くぼた)(のち秋田)に転封され、亀田(かめだ)・本荘(ほんじょう)・矢島(やしま)にも大名がおかれた。鹿角周辺は盛岡(もりおか)藩領で幕末に至る。佐竹氏は久保田城を築城、支配体制を固め、新田・鉱山・山林の開発、道路整備などを行った。1871年(明治4)の廃藩置県により、秋田・岩崎(いわさき)・本荘・亀田・矢島の5県が設置され、同年中に鹿角郡を合わせて現在の県域の基盤が完成。
地勢を見ると、岩手県境を奥羽(おうう)山脈が南北に連なり、その西側に出羽山地が縦走。北は世界遺産(自然遺産)の白神(しらかみ)山地、南は丁(ひのと)岳・神室(かむろ)の両山地に限られる。奥羽山脈は那須(なす)火山帯と重なり、八幡平(はちまんたい)・駒ヶ(こまが)岳など火山が多く、十和田(とわだ)湖や田沢(たざわ)湖のカルデラ湖がある。河川は出羽山地を分断するように米代(よねしろ)川・雄物(おもの)川・子吉(こよし)川が支流を集めて流れ、日本海に注ぐ。日本海沿岸は単調な砂浜海岸で、北部に男鹿(おが)半島が突出し、その基部に広大な八郎潟(はちろうがた)干拓地が広がる。北部の米代川流域には花輪(はなわ)盆地・大館(おおだて)盆地・鷹巣(たかのす)盆地の各盆地と能代(のしろ)平野、南部から中部を北流する雄物川流域には横手(よこて)盆地・秋田平野、南部の子吉川流域には本荘平野それぞれ開けている。気候は、日本海岸式気候を示し、冬季に北西の季節風が強く、寒冷で降雪量が多い。11月下旬から2月まで曇天と降雪が続き、快晴日数が少ないのが特色。梅雨は顕著ではない。夏季は同緯度の太平洋岸に比べ温暖。
産業は、農業・林業・鉱業を柱に発展してきたが、近年は工業化も進展。農業は水田が耕地面積の8割以上を占め、米の供給県をなす。畑地・果樹栽培地は少なく、リンゴの生産が比較的多い。県面積の約72%を山林が占め、林業も盛ん。米代川流域の秋田スギは、藩政期の植林・保護政策と自然条件により、日本三大美林の一つに数えられる。近年は外材の輸入・加工の比率も高い。鉱業は、非鉄金属資源が豊富で、亜鉛・銀・銅・硫化鉄・鉛・金などを産出。黒鉱(くろこう)として採掘されるが、近年は合理化が進み、就業人口は大幅に減少。1965年(昭和40)ごろから秋田湾臨海工業地域に鉱石精錬・木材の大規模な工業地帯が建設され、内陸部へも工場・企業立地が盛んとなった。衣服・電子部品・一般機械・金属製品・精密機械電気機械・木材製品などの工業製品出荷額が多い。
観光では、八幡平駒ヶ岳の火山と十和田湖を含む十和田八幡平国立公園、火山と温泉の鳥海(ちょうかい)国定公園・栗駒(くりこま)国定公園、荒海と海岸美の男鹿国定公園など自然景勝地に恵まれる。温泉は乳頭温泉郷・八幡平温泉郷などが知られる。男鹿半島の「なまはげ」(男鹿のナマハゲ・なまはげ柴灯まつり)、横手市などで行われる「梵天(ぼんてん)」や「かまくら」(六郷のカマクラ行事)、大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)のほか、角館祭りのやま行事・小滝のチョウクライロ舞・刈和野の大綱引き・上郷の小正月行事など、重要無形民俗文化財に指定された伝統行事も多い。豊作祈願の夏祭り、秋田の竿灯(かんとう)も盛大。
秋田市
大館市
男鹿市
雄勝郡
潟上市
鹿角郡
鹿角市
北秋田郡
北秋田市
仙北郡
仙北市
大仙市
にかほ市
能代市
南秋田郡
山本郡
湯沢市
由利本荘市
横手市

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋田県の関連キーワード東北地方ヤナギラン(柳蘭)若者組グリーンタフ地域黒山椒魚岩手[県]島根[県]宮城[県]北海道檜山〈振興局〉冠山〈越美山地〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋田県の関連情報