秋田県(読み)あきたけん

精選版 日本国語大辞典 「秋田県」の意味・読み・例文・類語

あきた‐けん【秋田県】

東北地方北西部の県。明治四年(一八七一羽後国大部分陸中一部を合わせた現在の地域が定まる。県庁所在地秋田市

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「秋田県」の意味・読み・例文・類語

あきた‐けん【秋田県】

秋田

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「秋田県」の解説

秋田県

並列的な地形

秋田県は東西一一一キロ、南北一八一キロと南北に長い長方形である。

〔奥羽山脈〕

東部県境は平均標高一〇〇〇メートルの奥羽脊梁山脈が南北に走り、それに沿う那須火山帯が多数の火山を噴出させ、峻峰が連立して東西交通の障壁となる。表面は一般に火山物質で覆われるが、基盤岩層の露出した朝日あさひ(一三七六メートル)和賀わが(一四四〇・二メートル)真昼まひる(一〇五九・九メートル)などもみられる。火山は南部栗駒くりこま(一六二七・七メートル)高松たかまつ(一三四八メートル)、中部にこまヶ岳(一六三七・四メートル)乳頭山にゆうとうさん(にゅうつぶりやま・烏帽子岳、一四七八メートル)荷葉かよう(一二五四メートル)大深おおふか(一五四一・四メートル)やけ(一三六六・一メートル)八幡平はちまんたい(一六一三・六メートル)などと田沢たざわ湖のカルデラ湖北部地区には十和田カルデラ湖がある。火山群地帯は温泉に富み、南部に大湯おおゆ小安おやす(雄勝郡皆瀬村)泥湯どろゆ(湯沢市)あきみや(雄勝郡雄勝町)などがあり、栗駒山一帯(岩手県・宮城県・秋田県)栗駒国定公園となっている。中央火山群地帯の駒ヶ岳・八幡平地域には乳頭温泉群(仙北せんぼく田沢湖町)や八幡平温泉郷・湯瀬ゆぜ温泉(鹿角市)などがあり、北部の十和田湖とともに十和田八幡平国立公園に指定され、十和田湖南部に大湯温泉(鹿角市)がある。

東西の連絡路は中央部で国鉄北上線、国道一〇七号(平和ひらわ街道)、北部に国鉄花輪線、国道二八二号(鹿角街道)があり、ともに火山群の中間地帯で、河川の頭部浸食も著しく、横断を容易にしている。とくに米代川は山脈を横断して、岩手県側に水源がある。鹿角かづの盆地は米代川に貫かれ、両端が陸奥と出羽に接することが、その歴史的運命を規定している面が強い。

〔出羽山地〕

奥羽山脈の西には出羽山地が南北に走り、雄物川と米代川の横谷により南・中・北の三部に分れる。南部山地は山形県境で、鳥海山を除き九〇〇―一〇〇〇メートルの連峰が東西に連なり、北部は急に低くなって横手盆地西部では三〇〇メートル以下の丘陵となり、所所に浸食による古い地層の孤峰がそびえる。保呂羽ほろは(四三八メートル)はその一つで、「延喜式」にみえる波宇志別神が鎮座するとし、それと対照的に、東の奥羽山脈中の御嶽みたけ(七四四・一メートル)には塩湯彦神が鎮まり、ともに山神として古代人の崇敬をうけた。

中央山地は標高五〇〇―八〇〇メートルの丘陵で東から西に傾斜し、主として第三系の緑色凝灰岩類からなる。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「秋田県」の意味・わかりやすい解説

秋田〔県〕
あきた

面積 1万1637.52km2
人口 95万9502(2020)。
年降水量 1686.2 mm (秋田市) 。
年平均気温 11.7 ℃ (秋田市) 。
県庁所在地 秋田市
県木 アキタスギ(→スギ)。
県花 フキノトウ(→フキ)。
県鳥 ヤマドリ

東北地方の北西部,日本海岸に面する県。東境に奥羽山脈,中央に出羽山地,西部に男鹿半島と鳥海山 (2236m) が連なり,横手,大館の諸盆地が介在。これらから雄物川,米代川,子吉川などが日本海に注ぎ,下流部に秋田,能代,本荘の平野が開ける。十和田湖,田沢湖はカルデラ湖で,田沢湖は深度 423mの日本最深湖。八郎潟は砂州で限られた浅い潟湖で,干拓が完成し,調整池や承水路のみを残して消失した。十和田八幡平国立公園のほか,男鹿,鳥海,栗駒国定公園がある。気候は冬は厳寒で,深雪の日本海岸気候。春は山麓でフェーン現象が起こる。夏は高温でイネの発育に適し,米を多産。秋の紅葉は早く,冬は「はま風」と呼ばれる北西季節風が強い。明治1 (1868) 年出羽が羽前,羽後に分離,同4年秋田,亀田,本荘,矢島,岩崎の諸県と鹿角郡 (陸中) を合わせて秋田県が成立した。全県の平野は水稲単作地帯。米代川流域は秋田杉の本場で,日本の三大美林の一つ。天然のスギが減産したため,標高 800m以上のブナ林が注目されている。家具や漆器,こけしの製造,合板工業,酒造が盛んである。また秋田油田,天然ガス田は丘陵,平地,海底に及ぶ。かつては全国一の非鉄金属鉱山県だったが,1994年の花岡鉱山 (大館市) を最後にすべて閉山。 1962年秋田湾新産業都市の指定後,金属,電気,機械などの重工業が発展し,火力発電所も建設され,電子関連の先端産業の立地も増えた。しかし,木材,食料品,衣服,印刷などの軽工業の比重が依然として高い。 JR奥羽本線と羽越本線,それに並走する国道 13号線,7号線は県の主要幹線。奥羽山脈を越え,岩手県とを結ぶ交通路として JR花輪線 (大館-好摩) と国道 282号線 (津軽街道) ,JR田沢湖線 (大曲-盛岡) ,秋田新幹線と国道 46号線 (角館街道) ,JR北上線 (横手-北上) と国道 107号線 (平和街道) が並走している。さらに秋田市と北上市を結ぶ秋田自動車道が開通している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品 「秋田県」の解説

秋田県

東北地方北西部に位置する県。西側は日本海に面し、東側の県境には奥羽山脈と那須火山帯が縦走。北部の県境には白神山地、南部の県境には鳥海山がそびえる。海岸部には大きな平野がひろがる。日本海沿岸特有の気候で、寒暖の差が大きい。農業・林業のほか電子部品産業が盛んである。県花は、ふきのとう。県木は、秋田杉。県鳥は、やまどり。県魚は、ハタハタ。

[秋田県のブランド・名産品]
秋田銀線細工 | あきたこまち | 秋田杉桶樽 | 秋田大根 | 秋田ふき | 秋田諸越 | 秋田由利牛 | イタヤ細工 | 稲庭うどん | 大館曲げわっぱ | 大曲の花火 | 火野かぶ | 樺細工 | 川連こけし | 川連漆器 | 象潟岩牡蠣 | きりたんぽ | 西明寺栗 | じゅんさい | しょっつる | 白神山うど | 仙北丸なす | 平良かぶ | とんぶり | ハタハタ | 比内地鶏 | 松館しぼり大根 | 横沢曲がりねぎ

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「秋田県」の解説

秋田県
あきたけん

東北地方の北西部に位置する県。旧出羽国の北半部と陸奥国の一部,明治の分国後は羽後国の大部分と陸中国の一部を県域とする。1871年(明治4)廃藩置県により秋田・岩崎・本荘・矢島・亀田の5県がおかれた。同年11月これら諸県と酒田県管轄下の由利郡南部,陸中の江刺(えさし)県管轄下の鹿角(かづの)郡を統合して秋田県が成立し,現県域が定まった。県庁所在地は秋田市。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android