コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かく国墓坑遺跡 かくこくぼこういせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かく国墓坑遺跡
かくこくぼこういせき

中国河南省三峡市の黄河流域の台地上から出土した遺跡。西周時代 (前 1200頃~前 771) の巨大遺跡で,周の文王の弟であるかく仲,かく叔という王2人の墓を含む墓坑群と陪葬坑から成る。 1950年代の三門峡ダムの建設に伴って 57年に陪葬坑から軍馬が発見されて以来,中国最古の鉄器とされる銅柄鉄剣や青銅器類,玉石類など 7000点にのぼる遺物が出土している。調査は現在も続けられており,陪葬坑からは戦車,軍馬,軍用犬などが出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android