コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かく国墓坑遺跡 かくこくぼこういせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かく国墓坑遺跡
かくこくぼこういせき

中国河南省三峡市の黄河流域の台地上から出土した遺跡。西周時代 (前 1200頃~前 771) の巨大遺跡で,周の文王の弟であるかく仲,かく叔という王2人の墓を含む墓坑群と陪葬坑から成る。 1950年代の三門峡ダムの建設に伴って 57年に陪葬坑から軍馬が発見されて以来,中国最古の鉄器とされる銅柄鉄剣や青銅器類,玉石類など 7000点にのぼる遺物が出土している。調査は現在も続けられており,陪葬坑からは戦車,軍馬,軍用犬などが出土している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android