かく国墓坑遺跡(読み)かくこくぼこういせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国河南省三峡市の黄河流域の台地上から出土した遺跡。西時代 (前 1200頃~前 771) の巨大遺跡で,周の文王の弟であるかく仲,かく叔という王2人のを含む墓坑群と陪葬坑から成る。 1950年代の三門峡ダムの建設に伴って 57年に陪葬坑から軍馬が発見されて以来,中国最古の鉄器とされる銅柄鉄剣や青銅器類,玉石類など 7000点にのぼる遺物が出土している。調査は現在も続けられており,陪葬坑からは戦車,軍馬,軍用犬などが出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android