コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍用犬 ぐんようけんarmy dog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍用犬
ぐんようけん
army dog

軍事施設,国境などの警備や,伝令,捜査,運搬など軍事上の目的に訓練,使用されるイヌシェパードドーベルマン・ピンシェルが多く使われる。警備のための用法には,イヌが幅広く動けるように線を張って,線に通した環に鎖をつなぐ固定式と,歩哨が連行する移動式の2つがある。イヌの鋭い嗅覚を利用して追跡用にも用いられる。なお,アメリカでは麻薬物を嗅出すために,特別に訓練された軍用を使う場合もある。また地雷探知機に感知されにくい磁器製地雷の発見にも専用の軍用犬が使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐんよう‐けん【軍用犬】

軍隊で捜索警戒・連絡などに使われる犬。軍犬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

軍用犬【ぐんようけん】

軍事上の目的から育成訓練されたイヌをいう。その歴史は古いが,組織的な使用は日露戦争のロシア軍が始まり。第1次大戦で大規模に使用され,現在でも国境警備その他に用いられる。
→関連項目警察犬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんようけん【軍用犬】

伝令・警戒・捜索など、軍事上必要な訓練を施した犬。軍犬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍用犬
ぐんようけん

軍事的目的のために用いられるイヌをいう。イヌの攻撃力を戦闘時に利用することは古代より認められ、紀元前490年の古代ギリシアで軍用犬が用いられていた。近代では、ドイツが、警察犬として用いられていたシェパード犬を第一次世界大戦に用いて以来、各国の注目するところとなり、第二次大戦時にも用いられた。軍用犬として用いられる犬種は、体格がよく、訓練性能がよければなんでもよいわけであるが、実際にはシェパード犬が多い。ほかにドーベルマンピンシャー、ジャイアントシュナウザー、エアデールテリアロットワイラーなども用いられた。
 軍用犬の役目は伝令、偵察、警戒、捜索などで、銃砲音響馴致(じゅんち)訓練などを加えた高等訓練を施し、任務につけていた。イギリスでもシェパード犬の性能のよさに着眼し、軍用犬として登用したが、ドイツ名のシェパードとよぶのをよしとせず、原産地のアルザス地方の名をとってアルサシアンと称した。このため、現在もなおシェパード犬にはアルサシアンの別名がある。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軍用犬の言及

【イヌ(犬)】より

…(B)愛玩犬 チワワ,チン,ペキニーズ,マルチーズ,ポメラニアンプードル(イラスト),ダルメシアン(イラスト),ブルドッグ,チャウ・チャウなど。 以上のほか特殊な用途に応じて,警察犬(ジャーマンシェパード,ブラッドハウンドなど),軍用犬(ドーベルマン・ピンシェルなど),救助犬(セント・バーナードなど),闘犬(土佐闘犬など),盲導犬(ラブラドル・レトリーバーなど)と呼ぶこともある。
【習性と行動】
 飼われたイヌは飼主に服従し,命令に服するだけでなく進んで外敵を攻撃して飼主を守るが,これは飼主を自分が属する群れの上位者と見ているためである。…

※「軍用犬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍用犬の関連キーワードノルウェジアン・エルクハウンド[種]モスクワ・ガーディアン・マスティフアナトリアン・シェパード・ドッグジャーマン・シェパード・ドッグジャーマンシェパードドッグベルカ、吠えないのか?ナポリタン・マスティフチベタン・マスティフシェパード(イヌ)エアデール・テリアグレート・デーンシェパード[種]日本警察犬協会かく国墓坑遺跡グレート・デンマスティフ種テリア[種]コリー[種]マスティフボクサー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍用犬の関連情報