コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かざして募金 かざしてぼきん

知恵蔵miniの解説

かざして募金

ソフトバンクモバイル株式会社が2014年3月にサービスを開始した募金プラットフォーム。無料の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを、対象団体のポスターやチラシなどにかざすだけで寄付ができる。寄付額は100~1万円までの6段階から選択でき、毎月同額を継続的に寄付することも可能。一人当たりの寄付上限額は、都度寄付・継続寄付ともに月3万円(都度寄付と継続寄付の両方を行う場合は計6万円)までとなっている。限度額内であれば、回数無制限で寄付が行える。ソフトバンクユーザーは携帯電話料金と一緒に支払うキャリア決済、他キャリアユーザーはクレジット決済となる。サービス開始当初はAndroid版アプリのみだが、同年夏頃からiOS版の提供も予定されている。また、寄付の対象となる参画団体については、事前審査を通過すれば、すべての非営利団体が登録可能となっている。参画団体の同サービスへの登録手数料は無料だが、利用料金として月額1,980円(税別)の基本料、税別寄付金の1.8%の使用料が必要となる。

(2014-3-10)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

かざして募金の関連キーワード登録記念物田爪愛里あゆみくりかまきHAPPYビットコイン自由形緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android