両方(読み)リョウホウ

  • りょうほう リャウハウ
  • りょうほう〔リヤウハウ〕

デジタル大辞泉の解説

《古くは「りょうぼう」とも》
二つの方向・方面。「右と左の両方を見てから進む」
二つあるものの二つとも。双方。両者。「労使の両方から歩み寄る」
両方綱」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは多く「りょうぼう」)
① 二つの方面・方向。二方。
※六百番陳状(1193頃)春「左右両方に此のかひ屋を詠じて人々の異儀も水火なり」
② 二つの物事。二つのもの。双方。両者。⇔片方
※平家(13C前)七「さる程に、源平両方(リャウバウ)〈高良本ルビ〉陣をあはす」
③ 「りょうほうづな(両方綱)」の略。〔席船諸名集図解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両方の関連情報