両方(読み)りょうほう

精選版 日本国語大辞典「両方」の解説

りょう‐ほう リャウハウ【両方】

〘名〙 (古くは多く「りょうぼう」)
① 二つの方面・方向。二方
※六百番陳状(1193頃)春「左右両方に此のかひ屋を詠じて人々の異儀も水火なり」
② 二つの物事。二つのもの。双方両者。⇔片方
※平家(13C前)七「さる程に、源平両方(リャウバウ)〈高良本ルビ〉陣をあはす」
③ 「りょうほうづな(両方綱)」の略。〔席船諸名集図解〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両方」の解説

りょう‐ほう〔リヤウハウ〕【両方】

《古くは「りょうぼう」とも》
二つの方向・方面。「右と左の両方を見てから進む」
二つあるものの二つとも。双方。両者。「労使両方から歩み寄る」
両方綱」の略。
[類語](2両人両者両名双方双方向両側両面両端両様両両両輪二手バイラテラル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android