きつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 昔の東北方言で、水を入れるおけ。用水桶。
※伊勢物語(10C前)一四「夜も明けばきつにはめなでくたかけのまだきに鳴きてせなをやりつる」
※随筆・比古婆衣(1847‐61)一一「平田篤胤が話におのれが生土の出羽の秋田わたりにて太き丸木を鑿て作れる水槽をきつといひて人家の門に居置て、常の用ひ水とするところあり」
[補注]挙例「伊勢物語」の「きつ」を狐と解する説もある。「名語記」にも「伊勢物語によもあけばきつにはめなでといへるきつ、如何。答これは鶏の夜ふかく鳴て夫をかへしつるがうらめしさは夜もあけばきつねにくはせてといへるすちにては狐也」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きつの関連情報