きやり

精選版 日本国語大辞典「きやり」の解説

きやり

〙 (「と」を伴って用いることが多い)
などがさしこんで痛むさま。きやきや。
※雑俳・鶯宿梅(1730)「胴突の胸へきやりとへもち」
② はっと驚くさま。また、心を動かすさま。びくり。
※玉塵抄(1563)二三「をや子は一身なるほどに母がをかうだほどに子がむねがきやりとしてあたってをぼえたぞ」
※雑俳・柳筥(1783‐86)四「百桟敷戸の明くたびにきやりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android