コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くだもの

1件 の用語解説(くだものの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

くだもの

平山和子による絵本作品。1981年刊行。みずみずしい果物をリアルに描き、累計100万部以上を販売したベストセラー作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のくだものの言及

【菓子】より

…菓子とは果実のことで,日本では古く木の実,草の実を〈くだもの〉と呼び,〈菓子〉の字をそれにあてた。《延喜大膳式》の〈諸国貢進菓子〉の条を見ると,山城国のムベ,アケビ,イチゴ,ヤマモモ,平栗にはじまり,れんこんなどをも含めてさまざまな種類の名を見ることができる。…

※「くだもの」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

くだものの関連キーワード年刊たむらしげるブルーナおともだちくまのがっこう恋する絵画沙羅は和子の名を呼ぶ棒がいっぽん夜の橋速水春暁斎(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くだものの関連情報