コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川透 きたがわとおる

3件 の用語解説(北川透の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北川透【きたがわとおる】

詩人,評論家。本名磯貝清。愛知県生れ。愛知学芸大学国語科卒。1962年,浮海啓,瀬川司郎らと同人誌《あんかるわ》を創刊。同誌は1967年以後北川の個人誌となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川透 きたがわ-とおる

1935- 昭和後期-平成時代の詩人,評論家。
昭和10年8月9日生まれ。37年同人誌「あんかるわ」を創刊。鋭い論陣で注目された。平成3年梅光女学院大教授。著作に詩論集「詩と思想の自立」,詩集「眼の韻律」,評論「北村透谷試論」「中原中也わが展開」「萩原朔太郎〈詩の原理〉論」など。20年「溶ける、目覚まし時計」で高見順賞。同年「中原中也論集成」で藤村記念歴程賞。愛知県出身。愛知学芸大卒。本名は磯貝満。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北川透
きたがわとおる
(1935― )

詩人、評論家。本名・磯貝満(いそがいみつる)。愛知県碧南(へきなん)市生まれ。愛知学芸大学国語科卒業。1962年(昭和37)、豊橋市において詩と批評誌『あんかるわ』を創刊。独自の編集で読者に開かれた表現の場を提供し、1970年代以降の現代詩を理論と創作実践両面からリード、90年(平成2)に終刊するまで精力的な詩活動を展開した。ともに活動してきた菅谷規矩雄(すがやきくお)(1936―89)の死に衝撃を受け、1991年山口県下関市へ移住。梅光(ばいこう)学院大学(当時梅光女学院大学)にて教鞭(きょうべん)をとる一方、96年から2000年まで、山本哲也(1936―2008)ら九州・下関市の詩人と『九』を刊行、同時代の詩的状況への批判を連載し、不審を抱いた対象への対立を恐れぬ挑発・糾明と、新しい可能性をもつものへのためらわぬ肯定という両側面から、時代の詩と詩論を導く。詩集に『眼(め)の韻律』(1968)、『闇(やみ)のアラベスク』(1971)、『反河のはじまり』(1974)、『遙(はる)かなる雨季』(1977)、『情死以後』(1981)、『魔女的機械』『死亡遊戯』(ともに1983)、『隠語術』(1986)、『ポーはどこまで変れるか』(1988)、『戦場ケ原まで』(1992)、『デモクリトスの井戸』(1995)、『黄果論』(2000)、評論に『中原中也(ちゅうや)の世界』(1968)、『詩と思想の自立』(1970)、『北村透谷(とうこく)試論』(1974~77)、『中野重治(しげはる)』(1981)、『詩神と宿命――小林秀雄論』(1982)、『詩的レトリック入門』(1993)、『萩原朔太郎(さくたろう)〈言語革命〉論』(1995)など多数。近現代の詩人論から思想、表現論まで多岐にわたる、もっとも尖鋭(せんえい)的な論客として知られる。2000~01年刊の評論三部作『詩的90年代のかなたへ――戦争詩の方法』『詩の近代を越えるもの――透谷・朔太郎・中也など』『詩的スクランブル――言葉に望みを託すということ』で、小野十三郎賞受賞。[陶原 葵]
『『詩と思想の自立』(1970・思潮社) ▽『現代詩文庫48 北川透詩集』『現代詩文庫124 続・北川透詩集』(1972、1994・思潮社) ▽『反河のはじまり』(1974・思潮社) ▽『北村透谷試論』1~3(1974、1976、1977・冬樹社) ▽『詩集 遙かなる雨季』(1977・国土社) ▽『北川透詩集 情死以後』(1981・アトリエ出版企画) ▽『中野重治』(1981・筑摩書房) ▽『詩神と宿命――小林秀雄論』(1982・小沢書店) ▽『魔女的機械』(1983・弓立社) ▽『読み捨て詩集 死亡遊戯』(1983・弓立社) ▽『現代詩前線1980~1983』(1984・小沢書店) ▽『詩的メディアの感受性――「あんかるわ」百回通信より』(1985・未来社) ▽『北川透の詩 隠語術』(1986・弓立社) ▽『北川透詩集 ポーはどこまで変れるか』(1988・思潮社) ▽『北川透詩集 戦場ケ原まで』(1992・思潮社) ▽『詩的レトリック入門』(1993・思潮社) ▽『萩原朔太郎〈言語革命〉論』(1995・筑摩書房) ▽『デモクリトスの井戸』(1995・思潮社) ▽『黄果論』(2000・砂子屋書房) ▽『詩論の現在1 詩的90年代のかなたへ――戦争詩の方法』『詩論の現在2 詩の近代を越えるもの――透谷・朔太郎・中也など』『詩論の現在3 詩的スクランブルへ――言葉に望みを託すということ』(2000~01・思潮社) ▽『中原中也の世界』精選復刻版(紀伊國屋新書) ▽丹羽一彦著『現代思想のフロンティア』(1989・大和書房) ▽高堂敏治著『感受性の冒険者・北川透』(1990・風琳堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北川透の関連キーワード会田千衣子高良留美子城侑正津勉鈴木志郎康田中清光月村敏行鶴岡善久寺門仁河野道代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北川透の関連情報