コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けんびきょう座(顕微鏡座) けんびきょうざMicroscopium

世界大百科事典 第2版の解説

けんびきょうざ【けんびきょう座(顕微鏡座) Microscopium】

略号はMic。秋の南空に見える小星座。1752年にN.L.ラカイユが新設したもので輝星はない。概略位置は赤経20h50m,赤緯-37゜。午後8時の南中は9月下旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

けんびきょう座(顕微鏡座)の関連キーワードMICメディカル最小発育阻止濃度統一マレー人国民組織UMNO軍産複合体総務省450GX450KXミック経済研究所軍産複合体

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android