コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南中 なんちゅう culmination

翻訳|culmination

7件 の用語解説(南中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南中
なんちゅう
culmination

天体が,その日周運動において,子午線を通過すること。周極天体 (→周極星 ) の場合は,上方子午線通過のほうのみをいう。太陽の南中時刻がすなわち真太陽時 (→真太陽 ) の正午である。なお南半球では北中というほうが現実に即しているので,あわせて正中という場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なん‐ちゅう【南中】

[名](スル)天体が日周運動により天の北極の南側で子午線を通過すること。正中(せいちゅう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南中【なんちゅう】

極上正中,正中とも。子午線通過の一種。天体が日周運動によって,子午線天の北極から天頂を経て南極に至る半円部分を東から西へ通過するときのこと。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんちゅう【南中 meridian passage】

子午線通過の一種。観測地点における子午線は,天の北極,天頂,天の南極を通る天球上の大円であるが,そのうちの天の北極から天頂を経て天の南極に至る半円部分を,日周運動によって,天体が東から西へ通過するときのこと。極上正中,あるいは単に正中とも呼ぶ。これに対して,子午線の残りの半円部分を天体が西から東へ通過するときのことを北中,あるいは極下正中という。これらの現象を観測することは,位置天文学の基礎をなす重要な分野である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんちゅう【南中】

( 名 ) スル
天体が子午線の天頂より南を通過することであるが、天の北極から天頂までの子午線の通過も含めていうことが多い。この時、高度は最大。正中せいちゆう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南中
なんちゅう

天体が日周運動により子午線を通過すること。ただし、この用語は「南」という文字を使っているので、地球北半球の観測者が、子午線上天頂より南の部分を天体が通過するのをいうのにはよいが、天体によっては天頂より北を通過したり、さらに周極星では天の北極の上方・下方を2回通過するので、「子午線通過」に「南中」という用語を用いるのは適切でない。南半球の観測者にとっても同様である。天文学では「子午線通過」または「正中(せいちゅう)」の用語を使う。なお、天体高度が極大(もっとも高く)となる時を南中(正中)とする説明もあるが、理論的にも実際にも正中の時に極大高度になるとは限らず、適当でない。[大脇直明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南中の言及

【子午線】より

…子午線の名の由来は,方向を十二支で表したときの北の方向の〈子〉と南の〈午〉とを結ぶという意味で,同様に東西を結ぶ卯酉(ぼうゆう)線もある。天球上の子午線を天体が東から西へ通過することを南中と呼び,これが天文学的な時刻の基準になる。例えば太陽が南中すれば太陽時の正午であり,赤経α時の恒星が南中したときは恒星時α時となる。…

【太陽】より

…すなわち春分,秋分の日には昼は夜より十数分も長いのである。 もし太陽が天球上の赤道を毎日同じ速さで1゜ずつ東へずれていくのならば,東経135゜の地点ではつねに日本標準時の正午に太陽が南中するはずである。しかし実際には太陽が1゜ずつ東へずれていくのは,赤道と23゜.5傾いた黄道に沿ってである。…

※「南中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南中の関連キーワード子午儀本初子午線子午線観測子午線通過グリニッジ子午線磁気子午線磁北パリ子午線とアラゴ下方子午線通過上方子午線通過

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南中の関連情報