コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田 いしだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石田
いしだ

長崎県北部,壱岐南東部を占める旧町域。 1970年町制。 2004年芦辺町,勝本町,郷ノ浦町の3町と合体して壱岐市となった。中心集落の印通寺浦は島内で九州島に最も近く,呼子港 (佐賀県唐津市) からフェリーが就航。壱岐空港があり,長崎と結ばれている。東部の筒城浜,錦浜は砂浜で,景色の優れた海水浴場。米,ミカン栽培を主とする農業と,船引網,一本釣り,小定置網漁業が中心。国の重要無形民俗文化財の壱岐神楽を伝える。弥生時代原の辻遺跡は国の特別史跡。沿岸一帯は壱岐対馬国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしだ【石田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石田
いしだ

長崎県壱岐(いき)郡にあった旧町名(石田町(ちょう))。現在は壱岐市石田町地区。旧石田町は1970年(昭和45)町制施行。2004年(平成16)郷ノ浦(ごうのうら)町、勝本(かつもと)町、芦辺(あしべ)町と合併、市制施行して壱岐市となる。旧石田町は壱岐島南東部に位置し、中心集落は、壱岐八浦の一つである印通寺(いんどうじ)で、港には佐賀県の唐津東港からフェリーボートが就航する。東触(ひがしぶれ)には壱岐空港があり、長崎空港から空の便がある。区域の大部分を占める玄武岩台地面では、サツマイモ、麦、大豆を主とする畑作が行われ、肉用牛の生産も盛んである。近年ボーリングによって地下水を採取し、ミカン園への転換が多い。印通寺港前面に浮かぶ妻(つま)ヶ島は天然の防波堤をなし、筒城(つつき)浜、錦(にしき)浜も風光明媚(めいび)な海水浴場で、壱岐対馬(つしま)国定公園に含まれる。遣新羅使(けんしらぎし)の墓や、松永記念館がある。壱岐市の芦辺地区にかけて国指定特別史跡の原の辻(はるのつじ)遺跡がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石田の関連キーワード100年目のハッピーバースデーミレニアム・チャレンジャー!ダウンタウン・ヒーローズ飛ぶ夢をしばらく見ない彼女が結婚しない理由秋田県大館市三ノ丸滋賀県長浜市石田町東京都日野市石田富山県黒部市石田埼玉県行田市堤根ラブ・アゲインワンダーランド青い鳥を捜して日光甚五郎煎餅愛と平成の色男まどろみの島石田安左衛門咬みつきたい鍵屋半兵衛ロボクレス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石田の関連情報