コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田 いしだ

10件 の用語解説(石田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石田
いしだ

長崎県北部,壱岐南東部を占める旧町域。 1970年町制。 2004年芦辺町,勝本町,郷ノ浦町の3町と合体して壱岐市となった。中心集落の印通寺浦は島内で九州島に最も近く,呼子港 (佐賀県唐津市) からフェリーが就航。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしだ【石田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石田
いしだ

長崎県壱岐(いき)郡にあった旧町名(石田町(ちょう))。現在は壱岐市石田町地区。旧石田町は1970年(昭和45)町制施行。2004年(平成16)郷ノ浦(ごうのうら)町、勝本(かつもと)町、芦辺(あしべ)町と合併、市制施行して壱岐市となる。旧石田町は壱岐島南東部に位置し、中心集落は、壱岐八浦の一つである印通寺(いんどうじ)で、港には佐賀県の唐津東港からフェリーボートが就航する。東触(ひがしぶれ)には壱岐空港があり、長崎空港から空の便がある。区域の大部分を占める玄武岩台地面では、サツマイモ、麦、大豆を主とする畑作が行われ、肉用牛の生産も盛んである。近年ボーリングによって地下水を採取し、ミカン園への転換が多い。印通寺港前面に浮かぶ妻(つま)ヶ島は天然の防波堤をなし、筒城(つつき)浜、錦(にしき)浜も風光明媚(めいび)な海水浴場で、壱岐対馬(つしま)国定公園に含まれる。遣新羅使(けんしらぎし)の墓や、松永記念館がある。壱岐市の芦辺地区にかけて国指定特別史跡の原の辻(はるのつじ)遺跡がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石田の関連キーワード土肥名和石黒石塚江木志野石本知里那波丹羽

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石田の関連情報