五郎(読み)ごろう

  • (通称)
  • ごろう ‥ラウ
  • ごろう〔ゴラウ〕
  • 五郎 ごろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎舞踊曲。長唄本名題八重九重花姿絵 (やえここのえはなのすがたえ) 』。九変化の一つ。通称『雨の五郎』。天保 12 (1841) 年江戸中村座,2世尾上多見蔵初演。作詞三升屋二三治作曲 10世杵屋六左衛門,振付4世西川扇蔵。曾我五郎が化粧坂 (けわいざか) の少将からの文を手に,蛇の目傘をさして大磯へ向う姿を描く。本調子から二上りへ転調し,勇壮な荒事の語り,はなやかな手踊りなど短いながら変化に富んだ構成。当時浅草念仏堂で行われた,曾我兄弟をまつる箱根荒人神の開帳をあてこんでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎舞踊。長唄。1841年(天保12)7月江戸の中村座初演。九変化所作事《八重九重花姿絵(やえここのえはなのすがたえ)》の一曲。演者は2世尾上多見蔵。作詞三升屋二三治。作曲10世杵屋(きねや)六左衛門。振付4世西川扇蔵。通称《雨の五郎》《時致(ときむね)》。当年6月,浅草寺内で箱根荒人神の出開帳があったのを当てこみ,化粧(けわい)坂の廓へ通う曾我五郎時致を,荒事と和事を交えて描写。構成が確かな佳品で,現在,最高の人気曲の一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 五番目の男子。五男。
※大和(947‐957頃)六五「南院の五郎三河(みかは)の守(かみ)にてありける」
※風俗画報‐一〇六号(1896)人事門「そは縮緬(ちりめん)或は五郎(ゴラウ)金巾真綿(かなきんまわた)などを以て造り」
[2] 歌舞伎所作事。長唄。三升屋二三治(みますやにそうじ)作詞、一〇世杵屋六左衛門作曲。二世尾上多見蔵の九変化舞踊「八重九重花姿絵」の一つ。天保一二年(一八四一)江戸中村座初演。曾我五郎が大磯の郭通いする様を描いた一人踊り。雨の五郎。時致(ときむね)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
八重九重花姿絵
初演
天保12.7(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五郎の関連情報