コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五郎 ごろう

6件 の用語解説(五郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五郎
ごろう

歌舞伎舞踊曲。長唄。本名題『八重九重花姿絵 (やえここのえはなのすがたえ) 』。九変化の一つ。通称『雨の五郎』。天保 12 (1841) 年江戸中村座,2世尾上多見蔵初演。作詞三升屋二三治,作曲 10世杵屋六左衛門,振付4世西川扇蔵

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごろう〔ゴラウ〕【五郎】

歌舞伎舞踊長唄。三升屋二三治作詞、10世杵屋六左衛門作曲。九変化「八重九重花姿絵(やえここのえはなのすがたえ)」の一つとして天保12年(1841)江戸中村座初演。曽我五郎の郭(くるわ)通いの姿を描いたもの。雨の五郎。時致(ときむね)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ごろう【五郎】

鹿児島の芋焼酎。酒名は、先代の名にちなみ命名。白麹を使用し、1次仕込み、2次仕込みともに甕壺を用いる。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「吉永酒造」は明治41年(1908)創業。所在地薩摩川内市下甑町手打。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごろう【五郎】

歌舞伎舞踊。長唄。1841年(天保12)7月江戸の中村座初演。九変化所作事《八重九重花姿絵(やえここのえはなのすがたえ)》の一曲。演者は2世尾上多見蔵。作詞三升屋二三治。作曲10世杵屋(きねや)六左衛門。振付4世西川扇蔵。通称《雨の五郎》《時致(ときむね)》。当年6月,浅草寺内で箱根荒人神の出開帳があったのを当てこみ,化粧(けわい)坂の廓へ通う曾我五郎時致を,荒事と和事を交えて描写。構成が確かな佳品で,現在,最高の人気曲の一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごろう【五郎】

歌舞伎舞踊の一。長唄。本名題「八重九重花姿絵」の九変化の一。三升屋二三治作詞、一〇世杵屋六左衛門作曲。1841年江戸中村座初演。曽我の五郎の郭通いを描く。雨の五郎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五郎の関連キーワード歌舞伎舞踊所作事歌舞伎唄歌舞伎狂言草摺引き素襖落関の小万二人道成寺所作立て木賊刈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五郎の関連情報