コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こいのぼり

デジタル大辞泉プラスの解説

こいのぼり

日本の唱歌題名作詞者不詳、作曲:弘田龍太郎。発表年は1913年。

こいのぼり

日本の唱歌の題名。作詞:近藤宮子、作曲者不詳。発表年は1931年。2007年、文化庁日本PTA全国協議会により「日本の歌百選」に選定

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

こいのぼり

江戸時代に武家で男子の成長を願って始まった風習和紙で作るこいのぼりは、布が貴重だった当時、各地で作られていたともいわれ、徳川吉宗享保の改革で布製がぜいたく品とされたために作られたとの言い伝えもある。 小原屋商店の「のぼり鯉」は30センチから1メートルまでの4サイズを年間約100セット製造。全国各地から注文を受けて販売している。

(2015-10-19 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

こいのぼりの関連キーワード加須こいのぼりマラソン五月の鯉の吹き流し初節句(初節供)東近江大凧まつりこいのぼりん1世こいのぼりん2世吹き流し・吹流しこいのぼりん埼玉県加須市騎西〈町〉岩倉(市)佐野(市)加須(市)東条[町]近藤 宮子神流(町)岩倉[市]江戸時代西岡昭夫五月節供

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こいのぼりの関連情報