こぞの雪(読み)こぞのゆき

精選版 日本国語大辞典 「こぞの雪」の意味・読み・例文・類語

こぞ の 雪(ゆき)

去年降り積もって、今春になっても溶けないで残っている雪。残雪。《季・春》
堀河百首(1105‐06頃)春「道たゆといとひし物を山里はきゆるはをしき去年雪哉〈大江匡房〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

姥桜

1 葉が出るより先に花が開く桜の通称。ヒガンザクラ・ウバヒガンなど。葉がないことを「歯無し」に掛けた語という。2 女盛りを過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。[類語]オールドミス・老嬢...

姥桜の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android