コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江匡房 おおえのまさふさ

8件 の用語解説(大江匡房の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江匡房
おおえのまさふさ

[生]長久2(1041)
[没]天永2(1111).11.2.
平安時代後期の学者。匡衡の曾孫,成衡の子。歌人赤染衛門は曾祖母にあたる。4歳で書を読み,8歳で『史記』,漢書に通じ,11歳で詩を賦し,神童と称せられた。 16歳の天喜4 (1056) 年,文章得業生となり,学問料を支給されたが,これは菅原道真が 18歳で合格,評判になった例と比較しても異例に早い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおえ‐の‐まさふさ〔おほえ‐〕【大江匡房】

[1041~1111]平安後期の学者・歌人。匡衡(まさひら)の曽孫。博学で有職故実に詳しく、後三条白河堀河天皇侍読(じとう)をつとめた。著「江家次第(ごうけしだい)」、日記「江記」、説話集「江談抄」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大江匡房【おおえのまさふさ】

平安後期の学者,漢詩人,歌人。大江匡衡(まさひら)の曾孫。江中納言,江帥(ごうのそつ),江都督,江大府卿とも。家学の文章道(もんじょうどう)によって権中納言大宰権帥(ごんのそつ)に進み,後三条天皇白河天皇堀河天皇の侍読を務めた。
→関連項目赤染衛門大江氏神崎願文傀儡子記言談遊女

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江匡房 おおえの-まさふさ

1041-1111 平安時代中期-後期の漢学者,公卿(くぎょう)。
長久2年生まれ。大江成衡(しげひら)の子。治暦(じりゃく)3年東宮学士となり,後三条・白河・堀河天皇の学問上の師をつとめた。のち参議,権(ごんの)中納言,大蔵卿などを歴任。正二位。天永2年11月5日死去。71歳。通称は江帥(ごうそち),江都督,江大府卿。著作に「江家次第」「本朝神仙伝」など。
【格言など】高砂の尾上の桜咲きにけり外山の霞(かすみ)立たずもあらなむ(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大江匡房

没年:天永2.11.5(1111.12.7)
生年:長久2(1041)
平安後期の公卿,学者。大学頭大江成衡と橘孝親の娘の子。大江氏代々の家学である文章道を修め,豊富な学識によって朝廷に仕えた。特に天皇の学問的師としての奉仕を長く行い,後三条・白河・堀河の3代にわたって侍読を勤めた。蔵人,弁官,左衛門権佐および備中守,美作守などの受領を経て,寛治2(1088)年参議となり,公卿の座に列した。寛治8(1094)年,権中納言。永長2(1097)年に大宰権帥に任じられ,翌年下向,康和4(1102)年までその任にあった。長治3(1106)年,権中納言の任を去り,再び大宰権帥となるが,任地には下向しなかった。 朝儀典礼や貴族社会の有職故実に通じ,当代随一の学者として知られ,儀式書である『江家次第』,同時代の風俗を記した『傀儡子記』『遊女記』『洛陽田楽記』,あるいは『続本朝往生伝』のような伝記など,数多くの著作を遺した。漢詩・和歌にもその才能を発揮し,斬新な作風をみせ,また家学である漢文の技能を生かして,多くの人のために願文を作成している。さらに,伝聞収集した様々な逸話を,自己の学問の後継者と位置づけた藤原実兼に語り筆録させた『江談抄』が,この時代の代表的説話集として遺されている。日記として『江記』を書いたが,没直前に焼却したため,現在では,諸書に引用された逸文を含め,ごく一部の内容のみをみることができる。貴族社会において,家の秩序が確立していく院政期という時代の中で,学問を固有の技能とする家としての自己意識を強く持ち続け,その存続と継承のために終生腐心した。中世を通じて公武両政権の吏僚を輩出した大江家の地位を固めた人物であった,といえる。<参考文献>川口久雄『大江匡房』,山中裕『平安人物志』

(上杉和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおえのまさふさ【大江匡房】

1041‐1111(長久2‐天永2)
平安後期の学者,漢詩人,歌人。江中納言,江帥(ごうのそつ),江都督,江大府卿などともいわれる。唐名は満昌。大江家の流,参議音人(おとんど),中納言維時(これとき)の後,式部大輔匡衡(まさひら)の曾孫,父は大学頭成衡(しげひら),母は文章博士・宮内大輔橘孝親の女。4歳で書を読み,8歳で《史記》《漢書》に通じ,11歳で詩を賦し,世人から神童といわれた。16歳で文章得業生となり,18歳で対策に及第した。29歳で蔵人・左衛門権佐・右少弁の三事を兼任する異例の昇任ぶりであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおえのまさふさ【大江匡房】

1041~1111) 平安後期の学者・歌人。江帥ごうのそつ・江都督ととくなどと称される。匡衡まさひらの曽孫。大宰権帥。後三条・白河・堀河三帝の侍読。故実に通じ、文才にすぐれた。著「江家次第」「江帥集」「本朝神仙伝」「江談抄」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江匡房
おおえのまさふさ
(1041―1111)

平安後期の文人官僚。匡衡(まさひら)の曽孫(そうそん)。成衡(しげひら)の子。母は橘孝親(たちばなのたかちか)の娘。江大府卿(ごうたいふけい)、江都督(ごうととく)などと称された。幼年より俊才をたたえられ、1058年(康平1)対策及第ののち、尊仁(たかひと)親王(後三条(ごさんじょう)天皇)・貞仁(さだひと)親王(白河(しらかわ)天皇)の東宮学士、蔵人(くろうど)、美作守(みまさかのかみ)、左大弁、式部大輔(だいぶ)などを歴任して、88年(寛治2)参議、ついで権中納言(ごんちゅうなごん)となり、二度にわたって大宰権帥(だざいのごんのそつ)に任じられ、正二位大蔵卿(きょう)に至った。天永(てんえい)2年11月5日没。彼は後三条天皇の側近となり、院の近臣として白河院政政権に深くかかわった官僚であるとともに、後三条・白河・堀河(ほりかわ)3代の侍読(じどく)に象徴される当代の学者の第一人者であった。著作も多岐にわたり、官僚的側面での著作に有職故実(ゆうそくこじつ)書『江家次第(ごうけしだい)』がある。これに対する文人としての著作も多方面に及び、『本朝(ほんちょう)無題詩』『中右記部類紙背(ちゅうゆうきぶるいしはい)漢詩集』『本朝続文粋(もんずい)』『江都督納言願文(がんもん)集』などに収められた詩・詩序・願文などの正統的詩文とともに、世事逸話を素材とした『遊女記』『傀儡子(かいらいし)記』『洛陽田楽(らくようでんがく)記』『狐媚(こび)記』などの作や、彼の言談を筆録させた説話集『江談抄』があり、また『続本朝往生伝』『本朝神仙伝』を編纂(へんさん)した。さらに歌集『江帥(ごうのそつ)集』があり、『後拾遺和歌集』以下の勅撰集(ちょくせんしゅう)にも多く入集(にっしゅう)する。[後藤昭雄]
『川口久雄著『大江匡房』(1968・吉川弘文館) ▽大曽根章介他校注『日本思想大系8 古代政治社会思想』(1979・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大江匡房の言及

【漢詩文】より

…次に,遣唐使が廃止された中期になると,国風文化勃興のきざしがあらわれ仮名文学が盛んになる。しかし文学の主流は大江匡房の《続本朝往生伝》に見られるごとく漢文学で,大江維時撰の《千載佳句》,紀斉名(ただな)撰の《扶桑集》,高階積善撰の《本朝麗藻》,大江匡衡の《江吏部集》,藤原公任撰の《和漢朗詠集》などが今日に伝えられ生彩を放つ。藤原明衡編の《本朝文粋》はこの期の作品を多く収めていて,珍重すべき漢詩文芸の宝庫である。…

【傀儡子記】より

大江匡房が芸能を記録した書。1巻。…

【江家次第】より

…《本朝書籍目録》には〈江次第廿一巻 中納言匡房卿撰〉とあり,もと21巻であったが,現在は巻16,21を欠く19巻。撰者大江匡房(まさふさ)はこの時期の代表的文人で,和漢の学を兼ね,朝儀典礼にも精通していたから,後世本書は儀式に関する最良の参考書として高い評価を与えられ,しばしば講書も行われた。関白藤原師通の委嘱を受けて匡房が本書を撰述したと伝えられており,撰述年代は11世紀末から12世紀初頭のころと考えられる。…

【江談抄】より

…平安末期の説話集。大江匡房(まさふさ)の談話を藤原実兼(さねかね)が筆録したもの。ただし間接的な聞書,また実兼以外の人物による筆録をも含んでいる。…

【江都督納言願文集】より

…全6巻。大江匡房が1061年(康平4)から1111年(天永2)にかけて作った願文編を帝王,仙院,后妃,大臣,諸卿,(欠),女人,尼公,上客,庶人に部類し収録する。全6巻のうち,六蔵寺本は今日巻四を欠き5巻,永享7年(1435)の奥書を持つ古写本。…

【三房】より

…時代の違いにより前三房と後三房とがある。前三房は平安時代の摂関期から院政期にかけて活躍した藤原伊房(これふさ),大江匡房(まさふさ),藤原為房。伊房は名筆として有名な藤原行成の孫で書家として高名なだけでなく,後三条天皇,白河天皇に仕えて実務家としても腕を振るった。…

【続本朝往生伝】より

…《日本往生極楽記》の後をついで往生者42人の行業を漢文体で記したもの。大江匡房(まさふさ)撰。1101‐11年(康和3‐天永2)の成立。…

【兵法】より

…古代の兵法は中国伝来のもので,《司馬法》《孫子》《八陣書》《太公六韜》《兵書論要》など多くの兵書が舶載されており,《日本書紀》の天智紀には兵法に閑(なら)える者に授位した記事がみえる。奈良時代では唐に留学した吉備真備(きびのまきび)が兵法にくわしく,平安時代では学者の家として著名な大江氏が歴代兵法を伝え,大江匡房(まさふさ)は源義家に秘法を授けたという。 しかし兵法の諸流派が喧伝されるようになったのは幕藩体制下軍学(兵学)が興隆してからである。…

【源義家】より

…このころ〈武勇の輩(ともがら)〉といえばほとんど源氏,とくに義家一党を指すほどに源氏の武力は成長していた。在京中義家は大江匡房(まさふさ)に兵法を学んだという。83年(永保3)陸奥守兼鎮守府将軍として赴任,任国に起こった清原氏の内紛を私兵をもって鎮定した(後三年の役)。…

【遊女記】より

…平安末期の漢文体の短文。漢文学者大江匡房が,江口や神崎の遊女たちの様を書き記したもの。それによると,当時西国から京への交通の要所にあたる神崎川には江口,神崎,蟹島などの遊里が発達していた。…

※「大江匡房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大江匡房の関連キーワード樽前山大江匡房成尋菅原在良藤原公任藤原公任四條公任赤染衛門大浦荘大江匡房

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大江匡房の関連情報