コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山里 ヤマザト

デジタル大辞泉の解説

やま‐ざと【山里】

山間の村落。山村。
山村にある別荘。山荘。
「宇治といふ所に、よしある―持(も)給へりけるに」〈・橋姫〉
山奥の家。山家(やまが)。
「―は秋こそことにわびしけれ鹿の鳴く音に目を覚ましつつ」〈古今・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまざと【山里】

山中の村里。山村。
山中の家。 「 -の門田の稲のほのぼのと/金葉
にある別荘。山荘。 「小野といふわたりに-持給へるに/源氏 夕霧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山里の関連キーワード埼玉県秩父市荒川日野簀掻き・簀搔きそことも知らず大和 美世葵数にもあらず吉和[村]平親清四女漫ろがまし何しかは垣根続き思ひ消ゆ尋ね入る平和の泉網代屏風扶余遺跡白まかす事も愚かゆくりか花の便り今は限り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山里の関連情報