コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さすらう若人の歌

デジタル大辞泉プラスの解説

さすらう若人の歌

オーストリアの作曲家グスタフ・マーラーのピアノまたは管弦楽の伴奏付き歌曲集(1883-96)。原題《Lieder eines fahrenden Gesellen》。『さすらう若者の歌』とも呼ばれる。全4曲。マーラー初の連作歌曲集として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

さすらうわこうどのうた〔さすらふわかうどのうた〕【さすらう若人の歌】

《原題、〈ドイツ〉Lieder eines fahrenden Gesellenマーラーの歌曲集。全4曲。1885年作曲。1896年改訂。ピアノまたは管弦楽の伴奏付き。作者初の連作歌曲集として知られる。さすらう若者の歌。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

さすらう若人の歌の関連キーワードディートリヒ フィッシャー・ディースカウ市来崎 のり子

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さすらう若人の歌の関連情報