コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若き日の歌

デジタル大辞泉プラスの解説

若き日の歌

オーストリアの作曲家グスタフ・マーラーの歌曲集(1880-90)の通称。原題《Lieder und Gesänge aus der Jugendzeit》。全14曲。声楽独唱とピアノ伴奏のために作曲され、後に別の作曲家によりオーケストラ編曲版が作られた。歌詞の多くはドイツ・ロマン派の文学者アヒム・フォン・アルニムとクレメンス・ブレンターノが収集したドイツの民衆歌謡に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

わかきひのうた【若き日の歌】

《原題、〈ドイツ〉Lieder und Gesänge aus der Jugendzeitマーラーの歌曲集の通称。全14曲。1880年から1891年にかけて作曲。声楽独唱とピアノ伴奏のための連作歌曲であり、のちに別の作曲家によりオーケストラ編曲版が作られた。歌詞の多くはドイツの民衆歌謡に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android