さつま大長レイシ

デジタル大辞泉プラスの解説

さつま大長レイシ

鹿児島県で生産されるニガウリ。果皮は白緑色または緑色で、実の長さ35~40cmと細長い。昭和初期にはすでに県内各地で栽培されていた。県により「かごしまの伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android