コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さび病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

さび病(アカクローバ)

典型的なさび病。夏胞子堆は淡褐色から赤褐色、小円形で、葉では全面に散在する。葉柄では長さ2-3mmの楕円形となり、これが線状に連なることが多い。病原菌はサブクローバおよびクリムソンクローバに寄生可能である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

さび病(アカクローバ)の関連キーワードさび病(ソルガム・スーダングラス)小さび病(オーチャードグラス)黒さび病(オーチャードグラス)さび病(アルサイククローバ)南方さび病(トウモロコシ)茎さび病(シロクローバ)黒さび病(ブルーグラス)さび病(アルファルファ)黄さび病(ブルーグラス)葉さび病(ブルーグラス)葉さび病(シロクローバ)さび病(トウモロコシ)さび病(コモンベッチ)黒さび病(ライグラス)赤さび病(ライムギ)黄さび病(チモシー)黒さび病(チモシー)黒さび病(フェスク)ヒメハナムシハナショウブ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android