されば=とよ[=とや](読み)さればとよ

  • =とや
  • されば=とよ

精選版 日本国語大辞典の解説

相手のことばを受けて発する語。それはだね。そうだね。それだからこそ。
※百二十句本平家(国会図書館蔵本)(14C後‐15C前か)三「されはとよ、去年少将、康頼入道がむかひのときも、その瀬に身をも投ぐべかりしを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android