ざあます(読み)ザアマス

デジタル大辞泉「ざあます」の解説

ざあます[助動]

[助動][ざあませ・ざあましよ|ざあまし|ざあます|ざあます|○|○]《丁寧の助動詞ざます」の音変化》「ざます」に同じ。「いい事ざあますわ」
[補説]東京山の手の上流階級婦人が用い始めたといわれ、この語を多用することばづかいを「ざあますことば」ともよぶ。

ざあま・す[動]

[動サ特活]動詞ざます」の音変化。「今日は寒う―・す」
[補説]活用は助動詞「ざあます」に同じ。東京山の手の上流階級の婦人が用い始めたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ざあます」の解説

ざあます

〘助動〙 (江戸後期の吉原の遊女ことば「ざます」の変化した語) =ざますざあますことば。「大変よい方ざあます」「まことに、そうざあます」

ざあま・す

〘自サ特活〙 =ざます

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android