ざあます(読み)ザアマス

デジタル大辞泉の解説

ざあま・す[動]

[動サ特活]動詞「ざます」の音変化。「今日は寒う―・す」
[補説]活用は助動詞「ざあます」に同じ。東京山の手の上流階級婦人が用い始めたという。

ざあます[助動]

[助動][ざあませ・ざあましよ|ざあまし|ざあます|ざあます|○|○]《丁寧の助動詞「ざます」の音変化》「ざます」に同じ。「いい事ざあますわ」
[補説]東京山の手の上流階級の婦人が用い始めたといわれ、この語を多用することばづかいを「ざあますことば」ともよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざあます

( 動サ特活 )
〔江戸の遊里語「ざます」の転〕
補助動詞として用いられる。「ある」の意の丁寧語。ございます。 「大変おもしろう-・すわ」 〔活用は動詞「ざます」に同じ。東京山の手の婦人言葉として用いられ始めた語〕

ざあます

( 助動 )
〔江戸の遊里語「ざます」の転〕
助動詞「ざます」に同じ。 「大変結構な事ざあます」 「まことにそうざあますわ」 〔活用は助動詞「ざます」に同じ。東京山の手の婦人言葉として用いられ始めた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android