コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざす ざす

大辞林 第三版の解説

ざす

( 動サ特活 )
〔「ざんす」の転。江戸の遊里語〕
補助動詞として用いる。「ある」の意の丁寧語。であります。でございます。 「たしかつれがあるやうで-・す/洒落本・白狐通」 〔活用は動詞「ざんす」に同じ〕

ざす

( 助動 )
〔「ざんす」の転。江戸の遊里語〕
体言およびそれに準ずる語に付く。「だ」の意の丁寧語。です。でございます。 「『薄舞さんへ』『なんざす』/洒落本・遊僊窟烟之花」 〔活用は助動詞「ざんす」に同じ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ざすの関連キーワード石川県七尾市中島町藤瀬三千の貫長・三千の貫頂満済准后日記所司(仏教)義覚(2)尊円法親王明承法親王道澄法親王道順(2)恒鎮法親王向後・嚮後嗟嘆・嗟歎補助動詞足利尊満足利義教大塔宮洒落本芽立つ丁寧語戯ける

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ざすの関連情報