したるい

精選版 日本国語大辞典の解説

したる・い

〘形口〙 したる・し 〘形ク〙
① 汗などでじとじとしている。〔名語記(1275)〕
※夫木(1310頃)三六「しづのめも大ぢゐつつに夕すずみしたるき麻の衣すすぎて〈慈円〉」
② 態度などがべたついてなまめかしい。甘ったるい。
※玉塵抄(1563)二七「牧が妓の美人の多をみて瞠目はしたるうみたぞ」
浮世草子・男色十寸鏡(1687)上「是したるいをんなにおぼるるゆへ也」
③ まだるっこい。だらだらとしてのろい。
※五音三曲集(1460)「一段一段の曲をしづかにかろくいふべし。〈略〉心をそりゃくにして手をおもくうつは、したるきなり」
したる‐げ
〘形動〙
したる‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android