しない競技(読み)しないきょうぎ

百科事典マイペディア「しない競技」の解説

しない競技【しないきょうぎ】

第2次大戦後,剣道が占領軍政策により禁止されたとき,これに代わるものとして考案されたスポーツ。剣道と同様に竹刀(しない)で相手の面,小手,喉頭(こうとう)部を打ったり突いたりして勝敗を競うが,体当りや足がらみなどの行為は禁止。防具も剣道に比べ軽快簡素で,従来のけいこ着,はかまを廃し,シャツ,ズボン,運動靴を用いる。竹刀(撓(しない)竹の)は割竹製で,全体または一部を布・革などで包む。1952年中学校以上の学校の体育教材として採用されたが,1953年剣道の制限が解かれ,次第に行われなくなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のしない競技の言及

【剣道】より

…その理由は,軍国主義の鼓吹に役割を担い,軍事訓練の一部として重んぜられたことなどによる。このような方針に対して,1950年剣道を母体とし,新しいスポーツとして考案され認められたのが〈しない競技〉である。そして講和条約の発効した52年に全日本剣道連盟が結成され,剣道はスポーツとして再出発することを明確にした。…

※「しない競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android