コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防具 ボウグ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ぐ〔バウ‐〕【防具】

危険を防止するため身につける道具。特に、剣道フェンシングなどの、面・小手(こて)の類。剣道での正式名は剣道具。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぐ【防具】

身を防ぐもの。特に、剣道・フェンシングなどで体を傷つけないように身をおおうもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の防具の言及

【剣道】より

…また各流とも相互の交流を試みることなく,他流試合を禁止して閉鎖的,排他的となった。このように華法化した形(かた)剣術に対して,江戸中期になって,直心影流の長沼四郎左衛門が正徳年間(1711‐16)に,一刀流の中西忠蔵が宝暦年間(1751‐64)にそれぞれ面,小手,胴などの防具や竹刀(しない)を考案し,防具をつけての竹刀打ち込み稽古が世間の注目をひき,しだいに広まった。これにより技や稽古法も大いに進歩し,現在行われている剣道の原型となった。…

※「防具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防具の関連キーワードアメリカン・フットボールフラッグ・フットボールクレムリン武器庫博物館アメリカンフットボールフラッグフットボール籠手・小手・篭手アイスホッケーイフィクラテスプロテクタースパーリング日向剣道防具トトナカ文化ヘッドギアテコンドー面頬・面頰ヘルメットボビナムなぎなた長沼国郷直心影流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防具の関連情報