しらがう

精選版 日本国語大辞典「しらがう」の解説

しらが・う しらがふ

〘ハ四〙 (補助動詞として用いる)
① わざとする。わざわざそのようなふるまいをする。目立つようにする。
※枕(10C終)八七「のち、ならひたるにやあらん、つねに見えしらがひありく」
② 争って行なう。先を争って物ごとにあたる。
※今昔(1120頃か)五「迯ぬる也けりと思て、有る限り追ひしらがひて、城(さかひ)を出でて見れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しらがう」の解説

しらが・う〔しらがふ〕

[動ハ四](他の動詞の連用形に付いて用いられる)
わざと知れるようにする。目立つように振る舞う。
「童一人ぞとどまりて、見え―・ひ歩きける」〈平中・二二〉
争ってする。
「羅刹(らせつ)、奪(ば)ひ―・ひて、これを破り食ひけり」〈宇治拾遺・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android