コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しらたき

デジタル大辞泉プラスの解説

しらたき

北海道紋別郡遠軽町にある道の駅。国道450号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しらたき
しらたき / 白滝

こんにゃくいもの精粉(せいこ)を原料とし、温湯、石灰を加えて練った生地(きじ)を糸状に押し出し、熱湯中に入れ、凝固させたもの。色が白く、水が滝から落ちるようにさらさらしているのでこの名があり、糸こんにゃくともよばれる。鍋(なべ)物、すき焼き、和(あ)え物などに広く用いられる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

しらたきの関連キーワード秋田県にかほ市象潟町小滝高知県土佐郡大川村北海道紋別郡遠軽町かしわの引き摺り秋田県にかほ市長浜(愛媛県)エンデュランスこんにゃくいもふくのひれ酒都農(町)遠軽(町)八森[町]奈曽の白滝大川(村)こんにゃくすき焼き比良山地藤島武二山本芳翠因島富士

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しらたきの関連情報