しわはゆい

精選版 日本国語大辞典「しわはゆい」の解説

しわ‐はゆ・い しは‥

〘形口〙 しははゆ・し 〘形ク〙 塩気が強い。塩からい。しおはゆい。しわはやし。
※大般譬喩経治安四年点(1024)八「大海は同一に醎(シハハユシ)と雖も」
正法眼蔵随聞記(1235‐38)一「今は云く、彼処、も他処に異ならず、水も同くしははゆき水也」
[語誌]語源については、「しはぶる」などに含まれる「」に関わる「しは」と「はゆし」が複合したとする説と、「しほ(塩)」と「はゆし」が複合した「しほはゆし」からとする説とがある。ただし、文献上は「しははゆし」が中古から見られるのに対して、「しほはゆし」は室町頃から見られるにすぎないのが難点。「観智院本名義抄」のシハハユシは「鹹」や「」のとして見られるが、いずれもカラシあるいはシホカラシとともに出ている。「鹹」の字義が「口がつぼまる塩のからさ」であることを考えれば、「しは・はゆし」とする方が妥当か。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android