コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大海 オオウミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐うみ〔おほ‐〕【大海】

広大な海。たいかい。
海賦(かいぶ)」に同じ。
「―の摺裳(すりも)」〈紫式部日記

たい‐かい【大海】

《古くは「だいかい」とも》
大きな海。おおうみ。おおうなばら。
茶入れの一。口が広く大ぶりで平たい形のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおうみ【大海】

大きな海。たいかい。
模様の名。「海部かいぶ」に同じという。 「裳は、-/枕草子 三〇〇・能因本

たいかい【大海】

〔古くは「だいかい」とも〕
大きな海。海。 「 -に乗り出す」 「井の中の蛙かわず-を知らず」
茶入れの形の一。口が広く平丸形のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大海の関連キーワード石川県かほく市夏栗井蛙大海を知らず大海は芥を択ばず吉備上道大海大海の一滴さつま大海北溟・北冥海賦・海部オーシャン大海の一粟滄海の一粟浮世の波一葉万里遠洋航海真っ只中枕草子海の原四大海あいお大海原

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大海の関連情報