大海(読み)たいかい

精選版 日本国語大辞典「大海」の解説

たい‐かい【大海】

〘名〙 (「だいかい」とも)
① おおきなうみ。広々としたうなばら。大洋
※文華秀麗集(818)上・秋朝聴鴈、寄渤入朝高判官釈録事〈坂上今雄〉「大海途難渉、孤舟未廻」
※平家(13C前)灌頂「大海(ダイカイ)〈高良本ルビ〉にうかぶといへども潮なればのむ事もなし」 〔後漢書‐東夷伝〕
② 口が広く全体に大きめな茶入れ。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)四月二七日「茶頭勅願納所曳茶一、大海并一種進之」
③ 大形の食籠(じきろう)。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕
④ 江戸時代、上方で金持をいう語。
※新板当世むりもんだふ(1830‐44)「金持ちを大海(カイ)といふはイカニ、貧乏人を山水といふごとし」

おお‐うみ おほ‥【大海】

〘名〙
① 大きな海。大海原。大洋。
※書紀(720)神代上(丹鶴本訓)「溟渤(ヲホウミ)(とどろ)き盪(ただよ)ひ、山岳(をほやま)鳴り呴(ほ)えき」
※随筆・北越雪譜(1836‐42)初「越後の西北は大洋(オホウミ)に対して高山なし」
② 織物、蒔絵(まきえ)などの模様の名で、大波のさまや、藻、貝など海辺の物の形状を表わしたもの。海部(かいぶ)
※宇津保(970‐999頃)楼上上「つぎつぎのは、朽葉かうかさね〈略〉おほうみのもなり」

おおき‐うみ おほき‥【大海】

〘名〙 大きな海。おおうみ。たいかい
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「始め素戔嗚尊、天に昇ります時に溟渤(オホキウミ)(とどろ)き盪(ただよ)ひ山岳(やまをか)為に鳴り呴(ほ)えき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大海」の解説

たい‐かい【大海】

《古くは「だいかい」とも》
大きな海。おおうみ。おおうなばら。
茶入れの一。口が広く大ぶりで平たい形のもの。
[類語]海洋大洋海原領海公海大海原青海原内海うちうみ内海ないかい外海そとうみ外海がいかいわたつみ外洋沿海沿岸近海遠海遠洋絶海四海七つの海

おお‐うみ〔おほ‐〕【大海】

広大な海。たいかい。
海賦かいぶ」に同じ。
「―の摺裳すりも」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android