大海(読み)オオウミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐うみ〔おほ‐〕【大海】

広大な海。たいかい。
海賦(かいぶ)」に同じ。
「―の摺裳(すりも)」〈紫式部日記

たい‐かい【大海】

《古くは「だいかい」とも》
大きな海。おおうみ。おおうなばら。
茶入れの一。口が広く大ぶりで平たい形のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおうみ【大海】

大きな海。たいかい。
模様の名。「海部かいぶ」に同じという。 「裳は、-/枕草子 三〇〇・能因本

たいかい【大海】

〔古くは「だいかい」とも〕
大きな海。海。 「 -に乗り出す」 「井の中の蛙かわず-を知らず」
茶入れの形の一。口が広く平丸形のもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐うみ おほ‥【大海】

〘名〙
① 大きな大海原。大洋。
※書紀(720)神代上(丹鶴本訓)「溟渤(ヲホウミ)(とどろ)き盪(ただよ)ひ、山岳(をほやま)鳴り呴(ほ)えき」
※随筆・北越雪譜(1836‐42)初「越後の西北は大洋(オホウミ)に対して高山なし」
② 織物、蒔絵(まきえ)などの模様の名で、大波のさまや、藻、貝など海辺の物の形状を表わしたもの。海部(かいぶ)
※宇津保(970‐999頃)楼上上「つぎつぎのは、朽葉かうかさね〈略〉おほうみのもなり」

おおき‐うみ おほき‥【大海】

〘名〙 大きな海。おおうみ。たいかい。
※書紀(720)神代上(水戸本訓)「始め素戔嗚尊、天に昇ります時に溟渤(オホキウミ)(とどろ)き盪(ただよ)ひ山岳(やまをか)為に鳴り呴(ほ)えき」

たい‐かい【大海】

〘名〙 (「だいかい」とも)
① おおきなうみ。広々としたうなばら。大洋。
※文華秀麗集(818)上・秋朝聴鴈、寄渤海入朝高判官釈録事〈坂上今雄〉「大海途難渉、孤舟未廻」
※平家(13C前)灌頂「大海(ダイカイ)〈高良本ルビ〉にうかぶといへども潮なればのむ事もなし」 〔後漢書‐東夷伝〕
② 口が広く全体に大きめな茶入れ。
※大乗院寺社雑事記‐長祿二年(1458)四月二七日「茶頭勅願納所曳茶一、大海并一種進之」
③ 大形の食籠(じきろう)。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕
④ 江戸時代、上方で金持をいう語。
※新板当世むりもんだふ(1830‐44)「金持ちを大海(カイ)といふはイカニ、貧乏人を山水といふごとし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大海の関連情報