コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妥当 だとうvalid; Gelten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妥当
だとう
valid; Gelten

判断一般において認識価値を有する場合のことで (真理との区別妥当性をみよ) ,現象的制約や評価主観の干渉にもかかわらず,そのものとして存在価値を有するもののあり方をいう。ただしある判断が理念的もしくは客観的当しているとしても,その妥当なる判断がそのように判断されるものと代替されることはできない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だ‐とう〔‐タウ〕【妥当】

[名・形動](スル)実情によくあてはまっていること。適切であること。また、そのさま。「妥当な方法をとる」「現実社会に妥当する政策」
[用法]妥当・穏当――「妥当(穏当)な結果」「そう考えるのが妥当(穏当)なところだ」など、無理がなく適切であるの意では、相通じて用いられる。◇「妥当」は適切でぴったり当てはまっているようす。「妥当な結論」「妥当とはいえない」◇「穏当」は、まあまあで無理のないようす。「穏当な処置」「穏当な解決」◇「君が議長になるのが妥当な線だが、今回は彼に譲るのが穏当なところだろう」のように、「妥当」は積極的、「穏当」は消極的な評価を表すのに用いられる。◇類似の語に「順当」がある。「順当」は、そのような結果になるのが当然である意が強い。「優勝候補の順当な勝利」「順当にいけば、次期社長は私だ」などには、「妥当」「穏当」は用いない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だとう【妥当】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
物事の実情などによくあてはまっていること。考え方や処理の仕方に無理なところがなく適切であること。また、そのさま。 「 -な判断」 「 -な線」 「それに-する例が思いつかない」 → 適当(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

妥当の関連キーワードペンローズ‐ホーキングの定理製品コンセプト・テストフェアネスオピニオンユニバーサルサービス公正職務審査委員会リーガルチェックインコレクト刑事責任年齢リーズナブルインバリッド可罰的違法性妥当性検査レリバンスプリテスト普遍妥当性科学哲学税務調査有利発行GAAP指名停止

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妥当の関連情報