コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すじ萎縮病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(すじ萎縮病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

すじ萎縮病(トウモロコシ)

系適試験の病害抵抗性項目の一つとされている重要なウイルス病害。葉が上向きにまくれ上がり、特に雌穂より上の節間が詰まる。その結果、株全体が萎縮し、激発時は草丈が健全な個体の1/3以下になる。葉の裏側や包葉の表面には隆起したロウ白色〜赤褐色のすじが現れる特徴がある。病原ウイルスはイネ黒すじ萎縮病と同じもので、イネ科作物に広く寄生するが、これがヒメトビウンカ等によって伝搬され、広がる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すじ萎縮病(トウモロコシ)の関連キーワード件名試験官抵抗性臭化メチル炭水化物分解試験ビタミンD抵抗性くる病レジスチンエンドファイト法科大学院と新司法試験有害抵抗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone