コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包葉 ほうようbract

翻訳|bract

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包葉
ほうよう
bract

花芽を包む葉。葉とも書き,単に包(苞)ともいわれる。開後は花の下に残り,高出葉と呼ばれることもある。また芽やつぼみが展開する前にその周囲を包み保護している鱗片状の葉のうち比較的大きいものをさすこともある。一般に緑色で普通葉より小さいがブーゲンビレアの包葉は紫紅色花弁状で美しい。花序を包む包葉は普通多数からなり総包と呼ばれる。キク科の頭状花序の総包は多数の鱗片状の包葉(総包片)からなり,その形,数,配列など分類の特徴にされる。ドクダミヤマボウシでは総包は 4枚からなり白色花弁状である。またミズバショウなどサトイモ科の肉穂花序(→肉穂花)では,その周囲を仏炎包と呼ばれる大型の包葉が包み特異な形となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐よう〔ハウエフ〕【包葉/×苞葉】

苞(ほう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

包葉【ほうよう】

苞(ほう)とも。芽やつぼみを包んでいる特殊な形をした葉。特に小さくなったものを鱗片葉(サクラなど)という。一般に葉や花が開くと早く落ちてしまうが,多数集まって多くの花を包む頭状花序の総包のように後まで残るものもある。
→関連項目仏炎包

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

包葉の関連キーワードゴクラクチョウカ(極楽鳥花)ヒョウタンゴケ(瓢箪苔)ミカエリソウ(見返り草)ウスユキソウ(薄雪草)テンニンソウ(天人草)センニチコウ(千日紅)キンレイカ(金鈴花)アメリカセンダングサハナキリン(花麒麟)ムラサキオモトキセランセマムハクサンイチゲエーデルワイスビジンショウクロホシクサテンニンソウポインセチアコエビソウミズハコベベロペロネ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android