コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せん光放電灯(閃光放電灯) せんこうほうでんとう flashing discharge lamp

1件 の用語解説(せん光放電灯(閃光放電灯)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんこうほうでんとう【せん光放電灯(閃光放電灯) flashing discharge lamp】

フラッシュランプともいう。低圧のキセノンガスを封入した放電灯。電池など直流電源をトランジスターインバーターで昇圧整流し,数十μFのコンデンサーを2000Vくらいに充電,別に発生させたトリガー電圧をランプのトリガー電極に加えて放電させると強力なせん光を発する。せん光電球に比べて,1万回以上の使用に耐える。せん光時間が10分の数ミリ秒でシンクロ撮影に適し,光量はせん光電球並みで光色は自然昼光に近い。せん光放電灯と充放電装置を組み込んだものはオートストロボと呼ばれ,カメラと一体になったものも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

せん光放電灯(閃光放電灯)の関連キーワードUSBフラッシュメモリーキセノンフラッシュガンキセノンランプストレートフラッシュ二段ポンプフラッシュドアマルチフラッシュフラッシュラグ効果フラッシュ蒸留

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone