コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃光電球 せんこうでんきゅう flash bulb

翻訳|flash bulb

4件 の用語解説(閃光電球の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閃光電球
せんこうでんきゅう
flash bulb

球内にアルミニウムジルコニウムの線や箔と酸素を封入し,フィラメントに電流が流れると,一瞬に燃焼して強力な光を出すようにした電球。夜間や室内で写真撮影をする際,光量不足を補うために使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんこう‐でんきゅう〔センクワウデンキウ〕【×閃光電球】

夜間や室内の撮影に用いる特殊電球。電流が通ると瞬間的に燃焼して閃光を発する。フラッシュ。フラッシュバルブ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんこうでんきゅう【閃光電球】

(暗い場所などでの)写真撮影用の電球。フラッシュバルブ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閃光電球
せんこうでんきゅう

写真撮影用の電球。フラッシュランプflash lampともいう。ガラス球の中にアルミニウムまたはジルコニウムなどの金属細線の発光材料と燃焼用の酸素ガスを封入し、フィラメントにはジルコニウム粉末の着火剤が塗布されている。カメラシャッターを押すと同時に、通電または衝撃により着火させ、発光材料を瞬間に燃焼させ、強い閃光を発する。ガラス球の外面には、使用時のガラス破損による破片の飛散防止のため、合成樹脂皮膜が施されている。また、昼光用は、発光色の色温度補正(3800~6000ケルビン)のため、青色の合成樹脂皮膜を用いている。
 閃光電球は、点火後の発光の時間的変化により、MF(光のピークが点火後約10ミリ秒)、M(同じく約20ミリ秒)およびFP(同じく10~50ミリ秒)の各クラスに分類される。また、口金構造上、ベース形とベースレス(ウェッジベース)形がある。特殊形として、連続撮影できるように数個の閃光電球を反射笠(がさ)と一体に組み合わせたフラッシュキューブやフリップフラッシュなどがある。
 写真撮影の閃光として、古くはマグネシウムなどを大気中で燃焼させたが、危険防止のため、1929年に閃光電球が実用化された。当初はアルミニウム箔(はく)を電球バルブ(外径60ミリメートル)に入れたものであったが、カメラの大衆化とともに小型化され、1959年のウェッジベースの実用化とともに多く使用されてきた。しかし1960年代に入ると、急速にキセノンフラッシュランプ(キセノンガス中の放電を利用した発光装置。いわゆるストロボ)などに置き換わった。[小原章男・別所 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閃光電球の関連キーワードフラッシュバルブ東洋アルミニウムアルミニウム軽合金アルミニウム石鹸・アルミニウム石鹼アルミニウム青銅含アルミニウム泉炭化ジルコニウムアルミニウムレーキアルミニウム箔アルミ二ウム蹄鉄 (aluminum plate)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone