伊東(読み)イトウ

デジタル大辞泉の解説

いとう【伊東】[地名]

静岡県、伊豆半島東海岸の市。温泉保養地で、泉質単純温泉塩化物泉など。港は遠洋漁業の根拠地、観光港。ミカン・ツツジの栽培が盛ん。人口7.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとう【伊東】

静岡県東部伊豆半島東岸の市。伊豆の代表的な温泉地・観光地。伊豆サボテン公園などがある。

いとう【伊東】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いとう【伊東】

静岡県伊豆半島の北東部の地名古くから温泉で知られ、漁港としても重要。ミカン栽培がさかん。昭和二二年(一九四七)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

伊東の関連情報