その他の遺伝性ミオパチー

  • その他の遺伝性ミオパチー(筋ジストロフィ)

内科学 第10版の解説

(6)その他の遺伝性ミオパチー
a.Ullrich病
 体幹近位関節(脊柱,肩,股,,膝)に強い拘縮を認めるが,遠位関節(手,足,指)には拘縮ではなく過伸展を認める特異な病像を示す筋ジストロフィである.進行はきわめて緩徐,CKは正常から軽度の上昇にとどまる.Ⅵ型コラーゲンα1遺伝子の変異である.
b.先天性ミオパチー【⇨15-21-8)】
 非進行性で良性ミオパチー一群で,筋病理上の特徴によりいくつかの病型がある.代表的なものにネマリンミオパチー,セントラルコア病などがある.[清水輝夫]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android