コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たたら製鉄

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

たたら製鉄

砂鉄と木炭を炉で燃やして鉄をつくる製鉄烹たたら(ふいご)を踏んで風を送り炉内の温度を上げる。炭が還元剤になり純度の高い鉄になる。刀剣などを通じて普及。幕末に近代製鉄が始まるまで日本の標準的な製鉄法だった。

(2006-10-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内のたたら製鉄の言及

【備後国】より

… 中国山地に位置する備後北部地域では,製鉄,製紙,麻苧(まお),林産加工業などがあった。たたら製鉄業は主として広島・三次両藩領で経営され,鉄穴(かんな)流しによる砂鉄採取から鑪吹(たたらふき),鍛冶屋まで一貫した製錬工程を行って,釰(はがね),銑(ずく),割鉄などの半製品が生産された。両藩とも18世紀初頭より藩営鉄山の経営が主流になっている。…

※「たたら製鉄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

たたら製鉄の関連キーワード明治日本の産業革命遺産~製鉄・製鋼、造船、石炭産業田儀櫻井家たたら製鉄遺跡島根県出雲市多伎町奥田儀山口県阿武郡阿武町惣郷鋼戦隊ムラゲレンジャー大板山たたら製鉄遺跡山口県阿武郡阿武町恵美須ヶ鼻造船所跡鉄の未来科学館鉄の歴史博物館山口県萩市紫福戸河内[町]奥出雲(町)瑞穂[町]近藤喜八郎溝口[町]新庄[村]佐田[町]赤来[町]加計[町]

たたら製鉄の関連情報