コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製鉄所 セイテツジョ

デジタル大辞泉の解説

せいてつ‐じょ【製鉄所】

製鉄の作業をする所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

製鉄所【せいてつじょ】

現在では,銑鉄の製造から鋼製品の製造までの銑鋼一貫作業を行う製鉄工場のこと。製鋼圧延だけの工場は製鉄所とは呼ばない。高炉,コークス炉,熱風炉などの製銑設備を中心に,原料受入れ・処理設備,製鋼・圧延工場などを合理的に配置し,統一的な生産管理が行われる。
→関連項目高炉鉄鋼コンビナート

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいてつじょ【製鉄所 ironworks】

製鉄所という名称は銑鋼一貫製鉄所の意味で用いられるのが普通である。銑鋼一貫製鉄所は鉄鉱石から鉄を取り出し,これをもとに鋼板,鋼管,形鋼,棒鋼,亜鉛鉄板などの最終製品を作り出す製鉄工場を意味し,このような工場をもつ製鉄会社を銑鋼一貫メーカーともいう。これに対し,購入屑鉄(スクラップ)を電気炉で溶解し,これを最終製品に仕上げる場合を電気炉メーカー,さらに,スラブと呼ばれる半製品を銑鋼一貫製鉄所から購入し,これを最終製品に仕上げる製鉄会社を単圧メーカーと呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいてつじょ【製鉄所】

製鉄を行う工場。普通、製銑・製鋼・圧延を基本とする銑鋼一貫の工程をもつ工場をいう。日本では、1901年(明治34)に官営八幡製鉄所が操業を開始、近代産業の基幹となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

製鉄所の関連キーワード八幡製鉄(やはたせいてつ)ロンイエン(竜煙)鉄鉱山call centreフェルクリンゲン製鉄所メンゼル・ブルギーバ北海道室蘭市茶津町マグニトゴルスクペルボウラリスクフェルクリンゲン八幡製鉄所罷業官営八幡製鉄所八幡製鉄所争議釜石の艦砲射撃北九州工業地帯イパティンガ和田 維四郎羽室 庸之助長谷川芳之助梅根 常三郎八幡東[区]

製鉄所の関連情報